KASK
ダブルチャンスキャンペーン

KASKヘルメットの交換時期は3年!



圧倒的な軽量性、群を抜く通気性、そしてトップレベルの安全性。 KASKのヘルメットを被れば、最先端の機能性と安心安全のライドが楽しめます。しかしKASKのヘルメットといえども、永遠にあなたの頭を護ってくれるわけではありません。KASKのヘルメットにも交換を必要とする「時期」と「理由」があります。



ご存知でしょうか、ヘルメット内部の帽体を構成する素材の耐用年数は、使用をはじめてから3年ということを。念入りにお手入れをしていても、汗や 雨水、年間を通して温度変化にさらされるヘルメット内部では劣化が進行しています。年数の経過とともに、万が一の時に衝撃を吸収してライダーの頭部を護る力が弱くなるのです。その時期の目安が、帽体を構成する素材の耐用年数である3年です。

そしてヘルメットとは、皆さんが考えるよりもずっとデリケートなものです。一度でも衝撃を受けたヘルメット(帽体)は、本来の機能を発揮できない可能性があります。なぜなら、外部からの衝撃を吸収するということは、とても軽量であるヘルメット自体が時に破損して、時に変形して、その衝撃を吸収するからです。たとえ外側のポリカーボネートは無傷でも、帽体内部には相当のダメージを負っている場合があります。



おわかりでしょうか。ヘルメットを身に付けているだけでは「安全」ではないことを。大切なことは「安全」なライディングを心掛けること。 そしてヘルメットの耐用年数と衝撃吸収について知ることなのです。

下記の動画では、ヘルメットの安全基準について詳しく説明しています。是非ともご覧ください。


あなたのKASKは何年目?
ダブルチャンスキャンペーンはこちらから