SERVICE - ヘルメットの取り扱いについて



はじめに

KASKのヘルメットを購入されたら、まずは付属の説明書をよくお読みください。説明書に示された説明や使用法と異なる使い方をされた場合、本来KASKのヘルメットが備えている安全性が損なわれる可能性があります。誤った使用方法が原因となった事故による損害については、メーカーならびに輸入代理店は一切の責任を負いかねます。

使用上の注意

ヘルメット本体のサイズやストラップ、各種調節システムでフィッティングが得られないような場合には、使用を控えてください。ストラップが首にかかるなど、思わぬ事故につながる可能性があります。特に子供の使用にはご注意ください。また、使用目的として認証された用途以外には使用しないでください。KASKの自転車用ヘルメットはCE−EN1078の規格により、サイクリング、スケートボード、ローラースケートでの使用が認証されています。

WARNING

  • ヘルメットは使用者を完全に怪我の危険から保護できるわけではありません。特に激しい力による衝撃から、ヘルメットは頭部を保護することができません。
  • 使用中にヘルメットに激しい衝撃を受けた後、損傷が無いように見える場合でも、そのヘルメットの使用は中止してください。いちど衝撃を受けたヘルメットは、それ以降の衝撃を吸収する性能が損なわれています。
  • サイズの合ったヘルメットをかぶり、ストラップを顎の下でしっかりと締めて使うことを徹底してください。ヘルメットを安全に使用するために重要なことです。
  • 適切に頭にフィットしていなかったり、ストラップが顎の下でしっかり締められていないヘルメットは、事故の際に脱げてしまう可能性があり、その結果、重大な障害や死を招く可能性があります。